浮気調査 大阪

誰かの引用で覚えていた、あの浮気調査 大阪の不気味な文句が、目もくらめく様な光を放って、彼の脳髄に焼きつくのです。この計画には、絶対に破綻がないと、かくまで信じながらも、刻々に増大して来る不安を、彼はどうすることも出来ないのでした。何の恨みもない一人の人間を、ただ殺人の面白さに殺して了うとは、それが正気の沙汰か。お前は悪魔に魅入られたのか、お前は気が違ったのか。一体お前は、自分自身の心を空恐しくは思わないのか。長い間、夜の更けるのも知らないで、調合して了った大阪の瓶を前にして、彼は物思いに耽っていました。一層この計画を思止まることにしよう。幾度そう決心しかけたか知れません。でも、結局は彼はどうしても、あの人殺しの魅力を断念する気にはなれないのでした。ところが、そうしてとつおいつ考えている内に、ハッと、ある致命的な事実が、彼の頭に閃きました。「ウフフフ…………」突然浮気は、おかしくて堪らない様に、併し寝静ったあたりに気を兼ねながら、笑いだしたのです。「馬鹿野郎。お前は何とよく出来た浮気調査 大阪だ! 大真面目でこんな計画を目論むなんて。もうお前の麻痺した頭には、偶然と必然の区別さえつかなくなったのか。